淘宝.comとは?

タオバオ(Taobao)はアジア最大級のオンラインショッピングサイト(ECサイト)です。

・登録会員数は合計で約1億7000万人以上
・取引額は2000億元
・ 国内インターネット取引(個人間)の取引では80%のシェアーを独占。

taobao

日本の総人口以上の会員が存在し、80%以上のオンラインショッピングが行われているサイト。
これがタオバオなのです。

タオバオの商品の相場

タオバオサイトを見て頂けると分かりますが、
日本では考えられない様な値段で様々な商品が売買されているのが分かります。

例えばカシミアなどの高級素材のマフラーやストール。
日本では高額で売られていますが、タオバオでは半額程度で購入可能なのです。

他にもIphone, IPadなどのカバー、アクセサリー類、中国茶なども
格安で、しかも少量から買うことができます。

これを仕入れて日本のネットショップやオークションなどで
転売するだけで簡単に稼げてしまいます。

逆に、日本の商品をタオバオに出品して稼ぐことも可能です。

不正が相次いでいる中国製品。
実は、中国人達も日本人同様に不安を抱えています。

ですから、少し出してでも信頼できる日本製品を買いたいというユーザーが近年増えていて、
特に粉ミルクや化粧品などが良く売れています。

タオバオを始めるなら今すぐ?

伸び続けている “インターネットユーザーの数” と “オンラインショッピング取引額”
ネットユーザー数は今後、3億人から7億人まで拡大していくと予測されています。

そして、海外でも中国人がいまブランド品を買っているニュースを耳にします。

日本国内でも中国人観光客が増え、街を歩いていると中国人をターゲットとしたビジネスを見かけます。

日本に住んでいるとあまり現実味がないですが、
中国の経済は今までになく好調なのです。

しかし、このように大きな市場がすぐ隣の国にあり、
なぜ多くの日本人がまだ参入できていないか?

その理由として、まず中国語が分からない。

そして、ユーザー登録の際に中国の銀行の口座が必要だったりと
外国人にはハードルがまだまだ高いのです。

2010年6月にその壁を壊そうとYahooJapanがタオバオと提携し、
日本のサイトでも中国の商品が購入できるようにしたのですが、
まだ制限も多く値段が高く転売目的で仕入れられる方々にはイマイチだったのです。

参入のハードルが高い。逆にいえば、これはチャンスなのです。
今一番伸びていて、しかもライバルがまだ少ない市場。

中国経済成長、最後の恩恵を授かれるのは中国オンラインビジネス、
そしてこのタオバオなのではないでしょうか。